ZN8

2023年10月 9日 (月)

GR86のオイルセパレーターキット

ZN8用のオイルセパレーターキットを取り付けしました。

バッフルプレートを取り付けするのでオイルパンを取り外し、

P7150006

一応ストレーナー内部を確認してシールカスは取って置きますが問題になるような大きなものは今のところ見ていないです。

当店のキットはセパレータータンクで分離したオイルをオイルパンに戻すようにしてありますので専用のオイルパンを取り付けします。

そしてブローバイホースとセパレートタンクを接続し

P7150008

ブローバイガスはサクションに戻るように取り付けします。

こうやるとオイル量を多くしてもサクションからオイルが吹き出ることが無いので更に偏り対策が可能になっています。

国際サーキットの走行でもオイル切れしないような対策をするための部品になっています。

2022年11月23日 (水)

オイルパンバッフル

ZN8のオイルパンバッフルの作業です。

シムスのバッフルを取り付けしました。

やはり皆様気になっているようです。

オイルパンを外してストレーナーを見てみるとうちの車よりは多く入っていましたが問題になるほどには見えません。

Pa160007

画像で見るとかなり詰まっているように見えますが中は広くなっているのでこの状態でもほとんど網目は見えています。

Pa170008

取れたものです。

うちの車では

P8050004

ほんの少ししかありませんでした。

オイルパンのシールは明るいグレーですが他の色もありますのでオイルパンだけを処理してもその他の部分があるので完全解決するためには全バラするしか無いということです。

なにせすべてのシールがこういう状況ですから。

P7210013 P6160039

FA20もこういった感じでしたが特に問題になっていなかったので別の問題があると考えています。

2022年6月21日 (火)

FA24

新型のエンジンを買ってしまいました。

P6110004_20220621191101

流石にまだ中古エンジンは出回らないので貯金をはたいて購入しました。

注文してから少し時間がかかりましたがショートエンジンの設定があると嬉しいのですが完全Assyしか部品がなく不要なものも取り付けされています。

とりあえず分解してFA20からの変更点を確認してみます。

2022年5月 9日 (月)

新型

GR86の作業です。

新車納車直後ですがある程度カスタムして乗る前提であればRCを買って最初にやってしまってから乗るという選択肢はアリだと思います。

P5080003

足はアペックスベースで当店オリジナル仕様です。デモカーでやっと良い感じになってきたので今回に間に合って良かったです。

P5080002

ブレーキはAPレーシング。

キャリパーが非常にコンパクトで軽くできています。パッドの特性が使用状況に合うかどうかが気になるところですが最初は普通なもので使用してから変更していきましょう。

P5080004

エキゾーストはアペックスフルエキゾーストです。

ZN8の適合はまだ少ないですね。

フロントパイプ部分のサイレンサーがZN6の物より大型化されているようです。

音量規制が厳しくなっているからでしょう。

P5090005_20220509192301

N1マフラーのフルエキです。

取り付け位置の調整はほとんど必要なく、フランジ部のパイプ位置のセンターが合って段差ができないようにするとテール位置はほぼ良い位置になります。

これくらいピッタリ付くようにワンオフ製作時でも作りたいところですが溶接していくと反りが出てズレてしまうので難しいです。

 

2022年4月16日 (土)

適合確認

ZN8にオリジナルパーツのローテンプサーモの適合確認ができました。

同じとは思っていましたが実際に確認するまでは適合と言えませんのでこれで適合完了です。

P4140007

P4140009

あとはECUができるようになってファン動作温度が変更できれば完璧です。

2022年2月 2日 (水)

新型

GR86の開発車両が来ましたのでまずは足の開発をスタートしました。

とりあえず形状は同じということで今までのダンパー仕様を踏襲して付けてみましたが何だか全然違う感じになりました。

これは良くないということで早速合間を見て仕様変更しています。

P1280001

ダンパーを2セット用意して入れ替えるようにして作業時間が少なくできるようにしました。

納得が行く仕様になるようにがんばります。

無料ブログはココログ