GRB

2018年9月23日 (日)

インプレッサ

GRBの作業です。

 
イグニッションコイルをOKDプラズマダイレクトに交換しました。
 
P9220018
 
マルチスパークになって点火を強化するので失火防止にも役立ってくれます。
最近では点火チューンといえばこれになっています。
 
P9220019_2
 
同時にプラグも交換しました。
 
消耗品なのでこういう機会に交換しておくことが水平対向エンジンでは良いでしょうね。
 
P9220020
 
この作業時にはエアクリーナーも外しますので同時にフィルター交換しておきます。
 
定期メンテナンス+チューニングの良い例ですね。

2017年9月 9日 (土)

インプレッサ

GRBの作業です。

 
LLC交換時に経年劣化も考慮してヒーターホースも交換しました。
 
P9090011
 
もうそんなに年数が経ったのかとあらためて考えてしまいます。
 
外した部分の汚れ具合に経年具合を感じました。
 
P9090010
 
もちろん汚れを落として取り付けしていますよ。
 
 
プラグも交換。
 
P9090012
 
ここは定期的に交換していただいています。
 
プラグ交換時にはエアクリーナー、バッテリー等を外す必要がある車両ですので・・・
 
P9090013  
 
エアフィルターも交換。
 
定期的にこういった部品を交換していなくて何か問題発生した時に困るのはやっぱり乗っている本人なので怠らないようにしましょう。
 
 
おまけ
 
BCNR33のリップスポイラーの塗装が上がってきましたので取り付けしました。
 
P9080009  

2017年4月28日 (金)

インプレッサ

GRBにクラッチ、フロントデフとサスオーバーホールの作業です。

 
フロントデフはクスコRS
 
P4260001
 
組んでしまってから画像を撮っていないことに気付くと言ういつものパターン。
 
 
P4260002
 
クラッチもクスコカッパーツイン。
 
4WDでLSD付きの車両ではツインプレート以上の容量は欲しいですね。
 
 
P4280003
 
サスもクスコ。
 
ダンパー部分のみをメーカーに送ってオーバーホールしました。
 
今回の組付けではスプリングプリロードを元の通りではなく私の裁量で調整して取り付けしました。
 
ダンパーストロークがもう少しあればヘルパー組み込みをするのも良いと思うんですが・・・
そこまでのストロークはありません。

2017年1月29日 (日)

インプレッサの作業続き

待っていた部品が入荷したので取り付けしました。

 
P1280002
 
P1280001
 
C-SERのスタビキャップです。
 
スタビの取り付け剛性をアップしてスタビライザーをより効果的に効かせようという部品ですね。
 
青色の中にワンポイント光ってます。

2017年1月24日 (火)

インプレッサ

GRBのLSD仕様変更をしました。

 
P1230003
 
カム角の変更とオーバーホールです。
 
同時にスタビライザーも交換しました。
 
P1230004
 
クスコ製です。それにしてもよくこれだけのラインナップをしているものですね。
 
スタビリンクもピロに交換
 
P1240005
 
フロントはリンクがかなり短いのでこういう形にならざるを得ないと言ったところでしょう。
 
P1240006
 
リアはもう少し短い設定でも良いかもしれませんがこの商品ではこれが最短でした。

2015年7月 1日 (水)

ブレーキ

GRBにエンドレスのキャリパーキットを取り付けしました。

B07011


フロントはバックプレートの縁を切断する必要がありました。取り外して作業できたのでサクサク切ることができます。

切ったところを修正、錆止めをして

B07012

取り付きました。ボディもキャリパーもローターもブルーになりました。

B07013


同時にプラグ、LLCも交換作業をご依頼していただきました。定期メンテナンスは重要ですね。

LLCのエア抜きをしつつ、ブレーキもエア抜き作業を同時進行してエンジンをかけている状態でブレーキを強く踏んで漏れチェックすると・・・ブリーダープラグの所からジワジワ漏れてきます。

ここはあまり強いトルクで締める所ではありませんが、締めていくしか方法がない為、少しづつトルクをかけてはチェックします。

数回繰り返しこれ以上締めたくないな~と思ったあたりで止まりました。

2014年8月17日 (日)

スバルWRX

私にはインプレッサと言う方が馴染み深いのですが・・・

アップしていなかった夏季休業前の作業で、GVBのサス交換です。

クスコのスポーツZERO-3Sですが、スプリングレートを初期段階で変更しています。

通常の状態では明らかにストリート向けのレート設定なのでもう少し走り方向に振った設定に前後バランスを変更して取付します。

B08111

フロントにはRCジョイントとタイロッドも取付しました。

GRB、GVBでも車高を下げるとアライメントが合っていてもフロントタイヤの偏磨耗が出やすいようなので同時に取付しておいた方が良いと思います。

アライメントは静止状態でしか調整できませんので実際に走っている時にサスがストロークしてアライメント変化することでこういう現象が起きていることが多いですね。

特に現在はワイド&偏平タイヤになっていますのでちょっとの事で偏磨耗が起きてきます。

タイヤも大きく高価ですので片減りして最後まで使えないのはもったいないですよね。

2014年4月 8日 (火)

インプレッサ続き

昨日からの続きです。

エアクリーナーはHKSのレーシングサクションですが、そのまま取付しては吸気温度が高くなってしまいますので隔離ボックスを製作します。

B04081

GRBはフレームの下側に元々大きな穴が開いていますので容積が大きく取れます。

位置を合わせるために仮付けしたり取り外したりと何度も何度も脱着して製作していきます。

B04082 完成

純正のエアダクトも使えるようにしました。少しでも外気が入ってくるような作りにしておきます。

インタークーラーを取付する前にブレーキフルードとクラッチフルードも交換しました。

それと、燃料ポンプも交換しました。

B04083

最近の車はこういう樹脂のボックスにポンプが入っていますのでポンプ交換するにはこのボックスを分解して交換することになります。

しかもポンプのサイズがかなり小さいので簡単に他車種から流用と言うわけにはいかなくなっています。

SARD様からGRB専用のポンプがあり、色々と加工することなく取付できるのはありがたいですね。

一通りの取付作業は終了し、LLCのエア抜きをして今日は終了です。

2014年4月 7日 (月)

インプレッサ

GRBのタービン等の交換です。

B04071 外した純正

GC8の途中からIHIのタービンなのは変わっていませんが、内容はかなり変わってきましたね。

容量は今の2Lクラスとしては小さく見えます。

交換するのはHKSのタービン

B04072

遮熱板以外は交換したことがあまり分からなくなってしまいます。

さらにインタークーラーが取り付くともっと分からなくなることでしょう。

一緒にラジエターも交換します。

B04073

SARD製です。GRB用はラインナップが少ないので選ぶ余地がなく、確実に冷えるものを選択していますが、納期が少し長かったので届くのを待っていました。

ラジエターはコアの厚みが増えるので大抵どこか干渉がある予想をしていましたが、やはり一部干渉したので少し加工する必要がありました。

残りの作業はエアクリーナーと遮熱ボックスの製作、燃料ポンプとまだまだありますが明日の作業になります。

無料ブログはココログ